バルサの2017—18シーズンはどのような形になるか。まずは、ルイス・エンリケ監督の後任が決まり次第、今後クラブが整理し始めるのはフィールドの働き者であるMFだろう。

 噂されるマルコ・ヴェラッティの補強加入や、セルジ・ロベルトがサイドから中盤へ戻って来ること。また、レンタル移籍期間を終えて戻って来る予定のセルジ・サンペルを合わせると、バルサは実に11ものMFを抱えることになる。

 ロベルト・フェルナンデス強化部長は、このパズルをどう攻略するのか。現在トップチームのメンバーにいるMFはセルジオ・ブスケッツ、アンドレス・イニエスタ、イヴァン・ラキティッチ、アンドレ・ゴメス、デニス・スアレス、ラフィーニャ、アルダ・トゥラン、そしてアレニャの8名である。そしてそこに、本来のポジションに戻るセルジ・ロベルトとレンタルを終えるサンペルがいる。

 A・トゥランは今シーズン、試合の終盤でチームの中盤を務めることが多く、移籍候補ともなり得るが、本人はバルサでの続投を望んでいるようだ。しかし、今現在で残留またはクラブが手放さないとされるのは、ブスケッツ、イニエスタ、S・ロベルトそしてA・ゴメスくらいだろう。今季、初めてのシーズンということもあり、通常とは違ったパフォーマンスだった彼に対し、もう1年の機会を与える可能性もある。クラブは彼の獲得に3,000万ユーロにプラス出来高で1,500万ユーロもの大金をかけているのだから。

 そして、2021年までの契約更新を行い、残留の可能性が高い選手の1人がラキティッチだ。しかし、考慮しなければならないのは、もし彼に他のビッグクラブから破格のオファーが届いていたら、バルサは大金を払って中盤の補強に迫られることになるだろう。
 
 ラフィーニャはエンリケ監督からの信頼の厚い選手だが、監督が変わると決まった今、新監督の意向はどうなるのか見定める必要があるだろう。それは同じく、若く今後に期待されるD・スアレスにも同じことがいえる。アレニャに関しては、バルサBが2部昇格を決めた今、バルサBで戦いつつ、必要に応じてトップチームに召集という形をとりたいのがクラブ側としての考えだろう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部