バルサが3冠を達成した歴史に残る2008―09シーズン、バルサはクラシコでR・マドリードに2―6で勝利した。もう1つのタイトルかのように祝ったこの勝利によって、リーガはほぼバルサのものとなった。

 試合はジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバルサにとって最善の形のスタートではなかった。
 ゴンサロ・イグアインが先制点を決めた。
 しかし、ティエリ・アンリが18分に引き分けに持ち込んだ。
 カルレス・プジョルがゴールを挙げ、キャプテンマークにキスをしたのは歴史的シーンだ。
 リオネル・メッシが1―3とするゴールを決め、セルヒオ・ラモスが後半11分に2―3とした。
 R・マドリードが反逆する時間を与えず、アンリが再びゴールを挙げ2―4とすると、メッシが2得点目を決め、ジェラール・ピケがダメ押しの6点目を決めて、ベルナベウに自身のユニフォームを見せつけた。

 バルサが2―6で快勝し、歴史的試合となった。

バルサグッズ専門店「メルカットバルセロナ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部