2014年4月25日はバルセロニスモ(バルサ主義)にとって悲しい1日として記憶に残る日だ。
 その日は、バルサファミリー、クレ(バルサファン)から愛されていたティト・ビラノバ監督の命日からだ。こんなにも周囲から愛されていた人は少ない。彼を知る人にとっては、ぬぐい切れない穴がぽっかりとあいてしまったかのようだっただろう。

 ティト監督の死は、サッカーやスポーツ界、特にFCバルセロナに衝撃が走り、各方面からメッセージが次々と届いた。

 同監督の3回忌により、バルサはSNSに感傷的なメッセージを投稿した。

「いつも私たちはあなたのことを覚えているよ」


MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部