執筆者
MIGUEL RICO

 エル・クラシコ当日、バルトメウ会長とメストレ氏、ビラルビ両副会長は、試合時間ぎりぎりの到着となるため、サンティアゴ・ベルナベウで行われる両クラブ幹部の会食には出席できない。

 それが少なくともクラブが公式に説明している理由だ。

 カルドネ副会長も同様に、現時点でマドリーには行かないようだ。彼は先日、R・マドリードの貴賓席に座る要人たちを批判したジェラール・ピケの発言を支持していた。はたしてこれは単なる偶然なのか、それとも外交上の判断なのか。

 直前に変更がない限り、マドリードへ向かうクラブ首脳陣の一団は、ジョルディ・モシュ氏、ハビエル・ボルダス氏、オリオル・トマス氏、シャビ・ビラジョアナ氏で構成される。R・マドリードとの会食には彼らに加え、プロスポーツ部門の最高責任者を務めるアルベール・ソレール氏も出席する。
 言い換えれば、単なる慣習として行われているこの形式上の会食には、会長も副会長も出席しないことになる。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部