シャビ・エルナンデスと同じ名前を持ち、バルサU―14のキャプテンを務めるシモンズは、素晴らしいボールタッチが魅力の選手だ。7歳でバルサの下部組織の門を叩き、現在13歳。今、最も注目される若手のひとりである。

 バルサはシャビの両親に、トップチームでプレーする素晴らしい未来が待っていると説明しているが、そのあともチェルシーはこの「新たなシャビ」の獲得を検討していたと同紙は伝えている。


 実際、チェルシーは今年1月にもシモンズにアプローチを行った。結果的に失敗に終わっているが、彼らはまだバルサの下部組織から選手を「盗む」ことを諦めていない。


なぜチェルシーが再びこれほどシモンズに興味を示すのだろうか。この若き才能の特徴は以下の通りである。

—シャビ・エルナンデスと同じ名前(両親の名前はレジリオとペギー)
—天性のリーダー(チームでキャプテンを務めている)
—天性の勝者(2010―11シーズンよりプレーし、全ての年代別カテゴリーでタイトルを獲得)
—ハードワーカーで競争心が強く、止まることなくプレーし続ける
—攻守において貢献できる
—周囲を一緒に楽しませることができる
—試合の流れをコントロールできる
—ベテランのような知識を兼ね備え、アグレッシブなプレーをする
—強いメンタルを持っている

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部