イニエスタは、CLでの敗退に責任を感じ、長いチャンピオンズリーグが終わったことを悔やんだ。

「チームの雰囲気などからも、こうなることはわかっていた、しかし、わかっていてもそれをコントロールするのはとても難しいことだった。さらにシュートがゴールに嫌われ運にも見放されていた。そして、その流れを変えるようなパフォーマンスもできなかった」と語り、敗退への落胆を隠せなかった。

「このチームがタイトルを取れると信じてくれた人々、そして我々全員にとっても失望的な結果だ。CL敗退は我々にとって辛い事実だが、明日から気持ちを切り替えなければならない。リーガはもう一つの重要な試合。今回自分たちは敵地ベルナベウで勝つ必要がある。敵地ベルナベウで、いつも通りの自分たちのパフォーマンスを出し勝ちに行く。リーガ優勝のためにも勝たなければならない試合だ」

「CL敗退は辛い結果だが、だからこそ今、リーガ優勝に向けて切り替えて集中しなければならない」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部