アルダに新たなオファーの話が持ち上がり、バルサ残留の雲行きが怪しくなっている。2017年夏の選手市場で、アーセナルが狙っているという噂だ。

 タイムズ紙は「アーセナルは、アルダ獲得のために2,500万ポンド(約34億円)を支払うことも検討している」と報道。契約更新の予定がないメスト・エジルに替わり、チームの新たな戦力にすることを望んでいると言われている。

 2016―17年チャンピオンズリーグ準々決勝(4月19日)、ユヴェントスとの試合で、招集メンバーに選ばれなかったアルダだが、同試合までの4試合、チームのトレーニングには参加していた。

 アルダには中国プロサッカーリーグから数千万ユーロのオファーが来ていたが、同選手はこれをあまり重要視してこなかった。

 アルダのバルサとの契約は、2020年6月30日までとなっている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部