メッシは選手としてピークにあり、ユヴェントスとのCLセカンドレグ、23日に行われるリーガ・エスパニョーラ優勝に向けての大一番、レアル・マドリードとのエル・クラシコでの勝利を父親であるホルヘ氏は願っている。

 現在、ホルヘ氏がバルセロナに戻ってきたことで、ピッチ外での二つの事柄が注目されている。

 メッシは2016年6月に脱税容疑でバルセロナ地方裁判所から有罪判決を受け、21カ月の禁固刑を言い渡された。現在、最高裁判所に控訴中でその進展が近日中にあるとされている。

 また、2018年で終わるバルサとの契約を5月に更新するため、急いで内容調整をホルヘ氏とバルトメウ会長自らが行ったとされている。両者の会談は2月にもバルセロナで行われており、その様子を『ムンド・デポルティーボ』がスクープした。
 
 メッシの「潔白」と「延命」は、佳境を迎える。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部