2007年より開催されているFCバルセロナキャンプは、過去16回開催され、延べ5,000名を超える子供たちが参加しています。2009年のMVPに選ばれた久保建英君は、キャンプのMVP特典でバルセロナに招待されたことがきっかけでFCバルセロナに入団しました。

 当キャンプでは、現地FCバルセロナで行われているトレーニングと同様のトレーニングが行われ、一つのトレーニングの中にボールを使いながら、技術的(攻撃面・守備面)、戦術的要素、さらにそれぞれのポジションにおける動き方などを1つのテーマにそって同時にトレーニングを行います。

 戦術面では、「幅と深さ」、「グループでの効果的なボールポゼッション」、「トランジション」、「判断の基準」等バルサの戦術の基礎について学び、学んだ内容を各ポジションの動きにあてはめていきます。技術面では、ドリブル、シュートだけでなく、「状況判断を伴った認知」、「ボールを受ける際の体の向き」、「逆足でのコントロール」、「マークを外す動き」などのレベル向上などを目標に指導いたします。

 このウィンターキャンプでは、定員84名に対して現地スペインからFCバルセロナコーチが6名参加します。そのため、選手14名に対して、バルサコーチ1人という非常に密度の濃い指導を受けて頂けると思います。

>>キャンプ詳細・お申し込みはこちらから!<<

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部